薬剤師の求人について

病院内の薬局や地元の薬局、処方箋を貰うために通う薬局にいる薬剤師は、薬のエキスパートとして憧れる職業の一つです。医療技術の発展や薬品の進化、また最近ではジェネリック医薬品の開発が進んでいることに伴い、薬剤師の需要というものは増加傾向にあります。薬品を買い求める人が、安心して安全に使用するために、ドラッグストアでも専門の薬剤師を常勤させているところが目立ってきています。最近だと、インターネットでの薬品販売について物議が醸し出されたこともあり、薬品に関する事柄や薬剤師の存在については、ますます重要性を帯びてきています。

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験という国家が定める試験に合格しなければなりません。これは、日本における薬剤師法という法律に則ったもので、大学にて薬学の正規課程を修了した人が受験資格を持つことができる試験です。また、大学院で薬学過程に2年以上の在籍をしていても、受験資格を得ることができます。試験は、毎年3月の中頃になると各主要都市で開催されます。この試験に合格すれば、薬剤師としての資格を手にして、薬剤師として活躍することができるようになります。

ただし、薬剤師になったからと言って、そのまま勝手に薬剤師として仕事ができるわけではありません。資格を持った上で、自分で求人情報を収集して、薬剤師を募集している病院や薬局に就職する必要があります。薬剤師として活躍できるのは、きちんと就職して、あるいは薬局を独立開業して、働く場を得てからとなるのです。

 

[求人関連情報]
薬剤師は求人市場でも非常に人気が高くこのような専門の求人サイトもあります ⇒ 薬剤師 求人